BLOG コラム

切手を高額で換金、買取に出す方法を解説

2021/03/05更新日2021/03/18

買取

切手は金券ショップや切手専門の買取業者、もしくはインターネットオークションなどで現金化、換金できます。

ここでは、切手を高額で換金する方法について解説していきます。

まずは、切手が買える施設の一つ、郵便局で換金できるのかご紹介します。

切手は郵便局で現金化できるのか?

まず最初に、切手は郵便局で現金化できません。これは、郵便局のウェブサイトにしっかりと書かれています。

いらなくなった切手やはがきは返金してもらえますか?https://www.post.japanpost.jp/question/2.html

ただし、切手自体が汚れたり、破れたりしたものは、所定の手数料にて交換することができるとのことです。

それでは、郵便局では切手は現金化できませんが、それ以外に切手を換金する方法を考えていきましょう。

できれば郵便局で切手を換金するには?

郵便局では切手を換金することはできません。払い戻しや返金などは受けていないと、ウェブサイトにも書かれています。

しかし、手数料を支払えば、ハガキに交換は可能です。

この方法を使えば、郵便局でできるだけ切手を現金に近い状態にすることができます。

切手をハガキに交換する手数料は、通常切手は1枚につき5円、往復ハガキは1枚につき10円、特定封筒は1枚につき42円となっています。
下の郵便局のウェブサイトに記載されています。

切手などの交換手数料はこちら↓
https://www.post.japanpost.jp/send/fee/kokunai/charge.html

これらの手数料がかかりますが、切手以外のものに交換できます。
おつりは戻ってこないのでそこは要注意です。

街の金券ショップで換金する

郵便局では切手を現金に換えることはできません。

換金するなら、商品券などを販売する街の金券ショップでは、切手の買取をおこなっているお店があります。

基本的な流れは、他の金券などを同じす。店頭でスタッフに対面査定してもらいます。金額の提示があり、それで合意すれば買取となります。

金券ショップで換金するのに持参するもの

金券ショップで切手を換金する際に持参するものは下の通りです。

・換金したい切手
・身分証明書

金券ショプでどれくらいの金額で換金してくれる?

一般的には、切手額面の90%〜30%くらいで買取してくれるでしょう。

未使用のシートや、シートから切り離されたバラの切手、シートにつながっていても破れや折れがある状態など、切手の保存状態によって買取・換金額が上下します。

切手を高額で換金するポイント

ここでは、金券ショップが高額で買い取ってくれる切手はどんなものか、ご紹介します。

プレミア切手

コレクター向けの販売ルートを持ってない切手の場合、高額で買い取ってくれない場合があります。

どれだけ高額でも額面以上の金額で買取されることはまれです。

破れや折れがない切手

切手は基本的に、保存状態によって買取額が大きく影響します。
保存状態がよければ、業者側のメンテナンスの手間がはぶけることもあり、高額買取が期待できます。

保存状態が悪ければ、それがそのまま査定額に影響します。

普通切手は、プレミアがつかない場合が多いので、保存状態が重要です。

ネット売買では価値を間違う場合も

個人の売買がインターネットで活発になっている時代です。
自分で金額を設定する場合は、市場の相場以上に売れる場合もあります。
したがって、高額での換金も期待できるというわけです。

しかし、実際によく分からない切手などは、ネットで売ってしまうのは損することがあります。

切手などはプレミアがついている場合でも、低い金額で設定してしまって、知らずに損をする可能性があるのです。

知り合いや親戚から譲ってもらった切手など、よく分からない切手などは、売却方法自体を検討するのがいいでしょう。

まとめ

高額で切手を換金する方法についてご紹介しました。

切手は郵便局では換金できません。換金するには、ネットの売買サービスや金券ショップに足を運ぶ必要があります。

しかし、買取業者によっては、プレミア切手を査定できるかどうか、査定ポイントも変わるため、査定額に違いがでてきます。

損をしたくないとお考えなら、複数の業者に問い合わせ、買取価格を決定するのがいいでしょう。

お問い合わせ・お申し込み

取り扱い商品に関するご質問もお気軽にお問い合わせください。

       

受付時間:平日10:00~13:00

タップして電話を掛ける お電話でお問い合わせ