画像元:メルカリ

「メルカリ始めたいけど、他のネットオークションとどう違うの?」「メリット・デメリットはあるの?」

今回は、そんなメルカリ初心者ユーザー様へメルカリ出品の「メリット」「デメリット」をお教えします!

そもそもメルカリって?

メルカリはキャッチコピーの「スマホでかんたん フリマアプリ」とあるように、今や多くの人が手にしているスマホ+アプリでの取引をメインにしています。

大まかですが、

  • 手軽、手続きが簡単。
  • ほぼ何でも売れる。
  • たくさんの商品が出品され、利用者も全国に多数。

といった特徴があります。

出品方法はスマホで写真を撮ってネットで即出品。スマホ一台あれば利用できます。

また出品物の購入は「即購入」することが可能で、提示金額を確認した上で購入ボタンを押せば即購入完了です。

では、まずメリットから見ていきましょう。

 

メルカリの「メリット」


画像元:フォトAC

 

1.スマホで簡単・手軽

メルカリ最大の特徴は何と言っても手軽さです。

取引の流れがシンプルなのでヤフオクより簡単。

基本的には出品→購入通知を受け取る→発送の3ステップです。

 

2.なんでも売れる

とはいっても、法律を犯さない範囲であればですが。基本的に何でも売れます。

ヤフオクでは値がつかないような商品でも売れる場合が多いです。

ネームバリューが無いものでも見た目と雰囲気で購入してくれるときがあります。

普通のブランド品、ノーブランド品の価格相場がヤフオクに比べ高いこともメリットでしょうか。

 

3.月額利用料金が無料

ヤフオクではYahooプレミアム会員に登録している必要があるので月額会員費が必要ですが、メルカリは出品費無料。ただし、売却後、手数料10%は発生します。

 

メルカリの「デメリット」


画像元:フォトAC

 

1.高級ブランド品や特定ジャンルの相場が低い

ヤフオクなどに比べ、高級ブランド品や特定のジャンルの取引価格相場が低いです。例を挙げると、ノートパソコン、4Kテレビ、空気清浄器などの家電系です。「市場価格が高めではっきりしているもの」はヤフオクで出品した方が良いかもしれません。

 

2.購入者対応が面倒

値引き交渉は可能ですので、購入者間とのやり取りも多く発生してきます。それが面倒に感じると思われる方もおられます。

また、若年層の利用者が多いからか注文キャンセル、音信不通、支払い遅延が多めの傾向にあります。

 

3.手数料が高め

メルカリの販売手数料は10%。1万円の商品が売れたら手数料は1000円です。ちなみにヤフオクは手数料8%です。

以前は無料でしたので、余計に高いと感じてしまいます。ただ、手軽さを考えると妥当な手数料とも思えます。

 

まとめ

いかがでしたか?

メリットがあればデメリットもつきものですが、双方を踏まえた上で興味があるという方は「メルカリ」を使ってみてはいかがでしょうか。