画像元:神戸オークション

今回も前回に続き、シャネルのホンモノの見分け方についてご紹介します。

本物のココマーク

画像元:神戸オークション

画像元:神戸オークション

画像元:神戸オークション

画像元:神戸オークション

ホンモノのココマークは2つのCが互い違いに重なっています。

これはココ・シャネルさんが、Cのロゴを描いた2枚の薄い用紙が偶然裏返しになり、反転したCと通常のCを重ねてみたところココマークが出来たと言われています。

↓のようにCが重なっている物はニセモノの可能性があります。

ですが、洋服等のプリントされたココマークはつながっています。

画像元:作者による制作

シリアルシール

シャネルのバッグや、財布には必ずシリアルナンバーが表記されたシールが貼ってあります。

このシールの特徴は

  • 2つのココマークの下に7桁~8桁の数字が表記されている
  • 左側にCHANELココマークCHANELが縦に記載
  • 右側には黒のライン
  • 全体にゴールドラメが散りばめられている
  • 真ん中の白い部分に×の切り込みがある
  • 白い部分の周りは光沢がある透明シート
  • 数字の【0】の中に斜め線が入っている

この表記されている数字ですが、【0】以外の数字も特徴的ですので
ホンモノのシールと見比べてみましょう。

こちらがホンモノのシリアルシールです。
製造1985年~2005年の途中までは7桁
製造2005年~現在は8桁になっています。

画像元:神戸オークション

画像元:神戸オークション

画像元:神戸オークション

画像元:作者による制作

次回も引き続き、シャネルのシリアルナンバーについて詳しくご紹介いたします。