BLOG コラム

相続や遺産等、実家の片付けで困った時に取るべき手段とは?

2018/03/23更新日2020/10/23

お役立ち情報
画像元:pixabay
新生活や引っ越し、結婚などのライフイベントの他に、大切な家族が亡くなられることによって、実家を片付けたり、整理しなければならないことがあります。 相続や遺産等、自分の思いもしないタイミングで訪れるものであり、どう対処すれば良いのか、そもそも対処、対応する時間や気持ちが追い付かずに、何も出来ないままになってしまうこともあるでしょう。 今回はご実家や親戚などの片付けや整理で困った時に取るべき手段として、どんな方法があるのか、咄嗟の時に慌てず、ストレスにならなように前知識としての対処方法、考え方についてご説明します。

3つのパターン

1.住まいや家具を利用する

画像元:pixabay 持ち家や購入したマンションであれば、ご自身の職場やが残された住まいから近い場合はそのままお住まいと家具を利用するという手段があります。 ご自身でなくとも、お子様やご親戚など、賃貸などでお住まいの方が、亡くなられた方のお家や部屋を利用するのはごく自然なことでもあります。 この場合は身の回りのもの、例えば衣服やタオルなど、消耗品となる部分を処分して、場合によってはハウスクリーニングをすることで、再度、有効活用することができますね。 就職や進学などのタイミングによっては、拠点となる住まいの選択肢に幅が出ること、同時に賃貸などによって圧迫される感覚が薄まることになるので、すぐに家屋やマンションを現金化しなければならない、維持することでのマイナスが少ない場合はそのまま利用することも手段の一つとして視野に入れておきましょう。

2.住まいは利用するが家具を処分・整理する

画像元:pixabay 相続される方や住まいを利用したいと考える方の中には、もうお気に入りの家具などもあるし、今あるものは処分・廃棄したいと考える場合もあるでしょう。 その場合はハウスクリーニングと共に地域自治体の粗大ごみの回収、業者による引取などを検討するようにしましょう。 処分するものに対する考え方としては、大きいものや価値が無いことがわかりやすいもの、使用感の強いものは優先して処分し、具体的な価値がわからなくても購入する時の金額が高そうなものは保管しておくということです。 ご家族が亡くなられたタイミングですと、どのようなお品物でも処分する・廃棄するという考えを持つのは心苦しい場合もありますが、きちんと片付ける・遺品整理するという気持ちで行うことも大切になります。 特にお住いを利用したいと考えた場合は、利用できるものは別としても、思い切って片付けてしまったほうが、新しい気持ちで生活を始められるようになりますので、使うものは使おう!不要なものは片付けるんだ!と明るい気持ちで対処することも、手段の一つとして覚えておいてください。

3.住まいと家具などの全てを処分・整理する

画像元:pixabay 住まいも利用しないし、すぐに売却してスッキリしたい。また、家具なども不要だからキレイに片付ける必要があるという場合もあるでしょう。 例え大切な家族が住んで居たお家やお部屋であっても、それらを必要としない場合に「そのままにしておくだけでも何らかの維持費が発生する」ことを意識してしまうことでストレスに感じることもあるでしょう。 電気など水道光熱費もそのままにしておく訳にはいきませんし、何よりも固定資産税などの税金なども気になるところです。 リフォームなどをして、賃貸の請負などに任せるという手段を取る場合でも、やはり家具や生活必需品などの全ては片付ける必要がありますね。 この場合でも使用感の強いものや、大きめの家具、明らかに安価で購入できそうなものは早めに処分するのが大切です。 貴金属や時計やブランド品、またはゲーム機器や楽器など、場所を取らないもので、保管できそうなものはすぐに処分せず、少しの間保管しておくことをおすすめします。 遺品整理や実家の整理などをする中で、思いもよらないお品物が貴重品であったり、入手しにくいもの、現在では作られていないものに巡り合う可能性が非常に高いからです。 住まいや土地、法律的な部分での処理も含めて、片付けてしまうということも、手段の一つとして覚えておきましょう。

まとめ

相続や遺産等、実家の片付けで困ったときに取るべき手段として、今回は3つご提示しました。 1.住まいや家具を利用する 2.住まいは利用するが家具を処分・整理する 3.住まいと家具などの全てを処分・整理する 実際には家族が亡くなられたタイミングだけでなく、家族で海外出張になる場合や、結婚された方のご両親との同居、ご自身のご両親の同居などでも同じような状況になる場合もあるでしょう。 資産価値としての判断は別としても、不要となったもの、不要とするものを維持するためには費用が発生する場合もあります。 「もったいない」という日本人特有の「モノを大切にする」という価値観はとても大切なことですが、場合によっては損をし続けることになることを忘れてはいけません。 また、価値があるお品物を発見した場合は、むやみに処分・廃棄をしないことで、より資産として活かせる可能性があることも覚えておいてください。

最後に

当社、神戸オークションでは「オークション代行サービス」を行っており、価値のあるものだけでなく、価値がわかりにくいものなども含めて、査定するサービス・出張引き取りなど、「本来受け取るべき資産」として活かせるようにお手伝いをさせて頂いております。 「リサイクルショップだと安くて売る気になれない」「高いものなのはわかるけれど売る手段がわからない」「オークションに出したいけど難しそう」など、お困りのことがありましたら、誠心誠意を持って、安心安全に対応しますので、ぜひともご連絡を頂きますようお願い致します。

お問い合わせ・お申し込み

取り扱い商品に関するご質問もお気軽にお問い合わせください。

       

受付時間:平日10:00~13:00

タップして電話を掛ける お電話でお問い合わせ