メルカリやPayPayフリマなど 個人売買トラブルの危険性について【神戸オークション】

こんにちは、神戸オークション(@kobe_auction)です!
メルカリやPayPayフリマといった個人売買のフリマアプリとても便利ですよね。
今や、多くの方が利用されているフリマアプリですが、とても便利な反面トラブルに遭遇される方も多いようです。

さて、今日はそんなフリマアプリに関するトラブル事例をご紹介していきますが、メルカリを中心に解説していきますね。

この記事を読むとわかること

メルカリやPayPayフリマなどフリマアプリでよく発生しているトラブルについて知ることができます。

メルカリにおけるトラブル事例について

メルカリに関しては、圧倒的なユーザー数がいるため、トラブル事例もやや多めとなっていますね。
自分は巻き込まれないだろう、と思っていると思わぬトラブルに巻き込まれてしまうかも、、、?

メルカリのWebサイトには、mercariBoxとよばれる知恵袋のようなコンテンツがあります。→メルカリボックスはこちら

そこへ質問を投げかけると他のユーザーさんが答えてくれるという親切システムですね。
そんなメルカリボックスですこし調べるだけでも、トラブル事例や相談はわんさか出てきます。

ではメルカリさんのトラブル事例を一部見てみましょう。

なんだか、見ているだけで気持ちが沈んでしまいそうですが、実際に悩まれている声がリアルに見ることができます。
つまり、メルカリボックスに掲載されているトラブルに関しては誰でも遭遇する可能性がある、ということですね。

簡単に見る限りでは、下記の6つのパターンが多く感じます。

  1. 出品されている商品と到着した商品の状態が違う
  2. 商品に難があったため連絡したいが、トラブルになりたくないので控えめに進めた結果トラブルになった
  3. 良い以外の評価をつけられてくやしい
  4. 商品が到着しない、もしくは破損しているが出品者は発送中の事故だと言い張っている
  5. キャンセル・返品したい、もしくはされたけれどトラブルになりそう(なっている)
  6. 逆ギレされて困っている

これはメルカリに限らず、PayPayフリマ、ラクマ、といった他のフリマアプリにも共通して言えることですね。

これらトラブルに巻き込まれないためにはどうすればよいかを考えてみましょう。

フリマアプリでトラブルに合わない対策方法

1.そもそもフリマアプリを使わない

正直、本末転倒というかそんな答え求めていない! と怒られてしまいそうですね(笑
ただ、トラブルに巻き込まれないための一番確実な方法は触れない、関わらないことです。

とはいっても、手軽に不用品を処分しお小遣いになるサービスとなればとても魅力的ですよね。
なので、フリマのトラブルに巻き込まれないようにするには、自分で対処しない(専門家に任せる)ということをおすすめいたします!

2.自分で出品しない(代行サービスを利用するなど)

トラブルの厄介なところは、自分の意思とは関係なくトラブルに巻き込まれる事があるということです。
また、トラブル対処についても自分で対応しなければならない、という点です。

いらないものを処分して、お小遣いを手に入れる予定が時間は奪われ、評価は下がり、トラブル対応で心身ともに披露してしまう、なんてことになるととても残念ですよね。そうならならないためには、トラブルになりそうな領域まるごと専門家にお任せするのが一番です。

こうしたトラブルに対する保険料の意味合いでヤフオク代行手数料を支払う形であれば、楽して安心に対応することができますよ。

ただ、代行サービスについてはフリマアプリは基本認められていないので、ヤフオク出品代行のサービス一択となります。

3.トラブルになっても自分で解決する覚悟を持ってサービスを利用する

多くの方が、3を選んでいるようで実は自分はトラブルには合わない、合ったとしてもかんたんに終わる、と思ってサービス利用されている方ではないでしょうか。

一度でもトラブルに合ったことがある方は、とても慎重になるかサービスを利用するなどで対応されているように思います。

基本的トラブル系に関しては、上記3つのどれかで対応するのではないでしょうか。

ヤフオクに関するトラブルについて

メルカリやPaypayフリマなどフリマアプリのトラブルについてまとめましたが、ヤフオクは大丈夫なの?と感じられる方もいらっしゃいますよね。

なので、ヤフオクの出品代行業者に依頼するにあたり、確認すべき3つのポイントをまとめた記事をご紹介いたします。ぜひ参考くださいませ。

トラブルに遭わないために ヤフオク出品代行業者に 依頼するする際に 確認すべき3つのポイント【神戸オークション】