ロレックスの買取ではここを見る!買取価格を決めるポイントとは?



出典:作者による撮影

ブランド品の存在する理由は、所有者のステータスになるからだと私は考えます。
バッグ、時計、靴、スーツなど身につけているものでその人がどんな人なのかを表していますよね。

最近は流通量も増えたことや値段が下がったことで容易に手に入れられるようになりました。
それでも中々手が出せないものがあります。
ロレックスはその例です。

ロレックスを売りに来る人は
1.遺品
2.いらなくなったから
3.急遽お金が必要になったから
4.新しいロレックスを買うための資金にするため
の4点が多い傾向にあります。

ロレックスに限らず売るからには高く売りたい。
そのためのポイントを今回は書かせていただこうかと思います。

ロレックスの買取価格の決め方

ブランド品には相場があります。
ロレックスも種類ごとに相場が決められています。
買取を行うお店は、ヤフオクでモデルを調べるとある程度の相場がわかるのでそこからお店の利益を考えて買取価格を決めています。
お店としても買い取った後オークションで売る方がいいのか店頭で売る方がいいのかの判断になるのでオークションは必見です。
オークファンというサイトは過去の落札額などを掲載していて相場の勉強になります。
興味があればのぞいてみてください。
・オークファン

 

価格を左右するポイント


出典:作者による撮影

モデルはなんなのな
金無垢なのかホワイトゴールドなのかコンビなのか
10ポイントダイヤかそうでないか
メンズかレデイースか
傷があるかないか
振ったり竜頭を巻いて針は動くかどうか
コマはあるか
箱はあるか
ギャランティはあるのか
購入後にオーバーホールをしたことがあるのか
などのポイントで価格が左右されます。

オーバーホールについて

機械式時計の場合、ゼンマイで針が動いています。
そこには潤滑油が必要でありいくつもの歯車が重なり、振り子がついている場合がほとんどです。
とても精密に作られているため定期的にメンテナンスする必要があります。
これをオーバーホールと呼ぶんですが、ロレックスは1回5万円前後かかります。
調整のみで5万前後なので他にパーツの交換が必要な場合は別途費用がかかります。
定期的と言っても潤滑油が乾くのが3〜5年と言われているのでそのくらいを目安に行うのが理想です。

オーバーホールを安く済ませる方法

ロレックスに送らなくても街の時計屋さんでオーバーホールを行うこともできます。
値段も安く済みますし真贋もしてくれるところもあり、便利です。
裏蓋を開けてムーブメントを見るとわかるんですけど、偽物の場合はオーバーホールしてくれないことがあります。
余談でしたね。

注意点

いいことだけではなくデメリットを言えばムーブメントが汎用のものに変わってしまうことでしょうか。
買取の際は汎用ムーブメントに変わっていたり、ベルトも純正でなければそのぶん値段は下がります。
この辺は注意が必要です。
他のブランド品にも同じことが言えます。

ちなみにロレックスに送るとオーバーホールの仕上げに研磨してくれることもあります。
傷を消してくれる、目立たなくしてくれます。
現行モデルの風防はサファイアガラスなので研磨ではなく交換の場合が多いです。

付属品の価値


出典:作者による撮影

コマはもちろんのことロレックスが入っていた単体でも数千円で売れます。
またギャランティはモデルの証明と真贋でも重要な役割を果たします。
付属品はあとあと価値に関係してきますので大事に保管しておくことをお勧めします。

買取のお店は付属品の有無、状態で値段を変えてきます。
お店の利益を考えると相場より低くなる可能性が高いのです。
研磨する費用が必要だから、付属品がないから、オーバーホールで5万円はかかるから、
などなどどんどん値段を下げられるので、値段を下げられる理由がないような万全の状態で持っていくようにしましょう。

結果オークションが一番

買取店もオークションで相場を確認します。
そのためどうしても相場よりも低い金額を提示されがちです。
そうならないためにもオークションで販売することも候補に入れるべきです。
オークションのめんどくさい点は、
写真撮影し、文言を考え、質問に答え、落札者と連絡をとり、入金を確認し、
梱包をし、発送の手配をして、落札者を評価する、でしょうか。

高く売るには綺麗に撮影する必要があり、良い文言を考える必要があります。
すごく深く質問をしてくる方もいることでしょう。

こんなやり取りを全て代行に任せてみるのはどうでしょうか。
神戸オークションオークション代行を行なっております。
出品手数料0円などのキャペーンも行なっておりますのでこの機会に試してみてはいかがでしょうか?
・神戸オークション

まとめ

私個人としてはまず、オークションである程度の相場を調べます。
そのあとにいくつかの店舗で査定してもらい、オークションに出した場合の諸費用を考えた上で
どちらで売った方が高くなるのかを調べます。
状態が良ければ店舗の方が高く売れるでしょう。
付属品がない場合や傷がある場合はオークションの方が高くなる可能性が高いです。
参考になれば幸いです。

おまけ

2003年以降のモデルには6時方向の風防にロレックスの王冠マークがレーザープリントされています。
目視では確認できないのでルーぺを使うことで確認ができます。
目視で確認できるほどはっきりと刻印されているものは残念ながら既製品でない可能性が高いです。

出典:作者による撮影
数ある真贋ポイントのうちの一つです。
ちなみにコピーや偽物とは断言してはいけないようになっています。
なぜなら本当に判断できるのはロレックスの方々だけ、なのですから。


この記事を書いた人
ニックネーム:eco
買取店で責任者を務めていたことがあります。
競合店などの調査や業務の中で学んだ知識を公開し、皆様のお役に立てたらと思いこうして記事を書かせていただいてます。
貴金属の他にブランド品や宝石類の豆知識もありますのでまた記事にできることを楽しみにしています。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ