アプリをダウンロードし、登録すれば手軽に要らなくなったものや、購入したが合わなかったものを、出品・販売し現金化することのできる、メルカリ。そして、元祖オークションサイトであるヤフオク。副業への関心の高まりもあり、副業の手始めにメルカリやヤフオクを活用し、身近な不用品を現金化する方が増加傾向にあります。
しかし、これらは不用品を現金化できるという共通点があるものの、その他にどのような違いがあるのか、認識していない方は意外と多いのではないでしょうか。不用品とはいえ、高額かつ早く売れるに越したことはないでしょう。
そこで、ここではメルカリとヤフオクの特徴の比較と、高く早く売る方法についてヤフオク代行歴15年の代行会社社長がご紹介していきます。これから副業を始める方やメルカリ・ヤフオクユーザーの方は、ぜひ参考にしてみてください。

メルカリの特徴

近年、テレビやSNSをはじめとして広告を大々的に打っているメルカリですので、すでに日本では、お馴染みのフリマアプリとなっています。また、現在フリマアプリの台頭が目覚ましく、その代表格とも言えるのがメルカリです。国内ダウンロード数は2018年の時点で7000万件を突破。これは日本人の約半分に相当する値になります。
また、メルカリはフリマアプリですので、出品者が価格を設定し、それに購入者が同意した場合に購入に至る形になっています。他にもフリマ特有の「値下げ交渉」が存在する点もオークションである、ヤフオクには見られない特徴的な点です。

ヤフオクの特徴

メルカリの隆盛もさることながら、それ以前から人気を博していたのが元祖オークションサイトであるヤフオク。近年注目を集めているメルカリに対して、ヤフオクはインターネット上における個人間の商品売買の先駆的な存在として知られています。現在のダウンロード数やユーザー数はメルカリに劣るものの、パソコンからのアクセス数は断然多く依然として個人間の商品売買としては高い人気を誇っています。
メルカリとの最大の違いはオークション形式であることです。オークションとは、入札によって価格が高騰し、最高額を入札した人が落札する仕組みのことです。これによって、基本的には出品者が指定した価格と同額、または上回った状態で落札されるのが特徴的な点です。

メルカリ・ヤフオク比較表

メルカリ ヤフオク
登録料 無料 無料
498円(プレミアム会員)
出品利用料 無料 無料
販売手数料 10% 8.8%(プレミアム会員)
10%
振込手数料 200円 無料(PayPayへのチャージ・ジャパンネット銀行への振り込み)
100円(ジャパンネット銀行以外)

メルカリとヤフオクでかかる費用の違い

上記の表を見ていただくと、登録料には大きな違いがあることがわかります。それ以外にも、販売手数料や振込手数料、にも違いがあります。
利用者の声としては、メルカリの販売手数料や、振込手数料が意外と大きく感じられ、今後の利用をどうするか検討しているユーザーも多いようです。
それに比べるとヤフオクはプレミアム会員になれば、販売手数料が8.8%に下がることや、振込手数料もジャパンネット銀行であれば「無料」など、利用するユーザーの手元に利益が残りやすいと言えるでしょう。

売れるまでの期間やかかる手間の違いは


あくまで使用感にはなりますが、メルカリの場合は比較的すぐに売れる傾向があります。というのも、メルカリでは値下げ交渉が盛んにあるものの、ヤフオクとは異なり基本的に出品者が提示した価格がそのまま購入価格になるケースが多いからです。しかし、設定金額が高くては売れない、または値下げ交渉の対象になります。
これは裏を返せば安くしか売れないとも言い換えることができるので、ヤフオクの方が高く売れる傾向が強いといえます。そのため、メルカリは安くても良いから早く売りたいという方には適していると言えます。
一方で、ヤフオクはオークション形式なので入札によって価格が釣り上がり価格競争が起こります。よって、ヤフオクはメルカリよりも高い値段で落札されることが多い傾向にあります。しかし、価格競争によってメルカリと比べたときに、落札までの期間が長期化する可能性が高くなります。もちろん、即決価格が設定されているものもありますので一概には言えませんが、そのような傾向が強くなっていますので、即現金化したい方にとっては不向きであると言えるでしょう。
結果的に、ヤフオクは出品・落札する場合に比較的長い時間、取引画面をみて常時確認しておく必要が出てきます。さらに、スマホで手軽に出品できるメルカリに比べ、ヤフオクでは出品の際に時間と手間がかかる傾向にあります。

高く早く売る方法とは?

上記のように、メルカリは安くても良いから早く売りたいという方には最適。一方で、ヤフオクは、時間はかかってもできるだけ高く売りたい方に最適です。しかし、出品者にとって時間や手間が発生するのは、どうしてもネックになってしまいます。これを解消してくれるのがヤフオク代行業者です。また、高額で落札される傾向の強いヤフオクは代行業者を利用して出品する方が多い傾向にあります。
実際、不用品とはいえども、出品者にとって時間や手間が少なく、高い金額で落札されるに越したことはないでしょう。すると、代行業者を利用して出品する方法が、高く早く売るための最適な方法と言えます。

ヤフオク代行業者とは

ヤフオクへ出品したい品物の写真や説明文の入力、落札後の配送作業など煩わしい作業を全て代行する業者のことをいます。
出品代行業者によってプランや費用はさまざまです。ヤフオクでの実績や、品物が落札されなかったときの対応など、細かなところも見比べて選ぶことをおすすめします。

https://kba.co.jp/introduction/ マンガでわかる出品代行
【おすすめのヤフオク代行会社・5選】ヤフオク代行歴15年の現役・代行会社社長が目的別にお教えします!

また、出品代行業者は、単に代行してくれるだけではなく、豊富な出品経験を基に、入札が増えやすいタイミングや、説明文の入力のコツなどの、細部まで利用者の利益に繋がりやすいようこだわります。その上で、納得の行く落札価格を目指すため、「より高く」と考える方には、代行業者の利用をおすすめします。

はじめて出品代行業者に依頼する前には、こちらの記事を参考に、安心できる業者を選び、オークションを楽しんでください。
【トラブルに遭わない為に】ヤフオク出品代行業者に依頼する際に確認すべきポイント

出品代行業者に高く売ってもらうためのコツ

品物を出品代行業者に送る際には、付属品に欠品がない状態にしたうえで、自身で落とせる汚れは落としてから発送しましょう。すると、出品の際にはよりきれいな状態で撮影でき、付属品も揃っているとなると入札も増えやすくなります。

さいごに

神戸オークションは、数ある代行業者の中でも評価・実績共に定評のある出品代行業者です。料金システムは細かく丁寧に明記しており、返金サービスも充実しています。ヤフオク出品代行業者をお探しの際には、ぜひ神戸オークションもご検討ください。
※この記事内の情報は全て2019年11月10日時点の情報です。