オークションの出品代行を依頼いただいた方へのアンケートを見直していたところ、気づきがありました。

 

当店にご依頼いただく理由のトップはダントツで「時間がない、自分で出品するのが面倒」なんですが、次にくるのが、実は「撮影が難しい、プロに任すほうが写真がきれい」ということなんです!

 

やっぱりみなさん商品の写真を気にされているんだなぁ、と思うわけです。

同じ商品でも、写真がきれいなものとそうでないものが並んでいたら、写真がいいものを選ぶのは自然なことですよね。

 

写真がきれいなことはもちろん大切なんですが、出品においては、商品の状態がよくわかる写真であることが一番大切です。

 

出品する商品は、どうしても中古のものが多くなるので、商品の状態を正確に伝えることで、入札者さんも安心して入札できますし、落札後のトラブルも未然に防ぐことができます。

「こんな小さいキズでも隠さずにちゃんと写真で伝えてくれているんだ」

と、逆に信頼感も生まれるほどです。

 

 

そこで、この記事では、魅力的な商品写真を撮影するための5つのポイントをご紹介します。

このポイントをおさえていれば、写真が上手に撮れていなくても落札率がグッと上がるはずです!

 

今回、例として撮影するのはリコーのGR(スタッフの私物です。)

良いカメラなんですよ。

一般的な商品撮影例の画像

フリマアプリやヤフオクで、一般の方がアップされているのはこんな写真が多いですね。

少し暗い場所で撮影された、付属品など全体の写真、真正面からと背面からの写真です。

 

 

では、実際に撮影しながらポイントをお教えいたします!

 

 

魅力的な商品写真を撮影するための5つのポイント

 

①商品は正面ではなく斜めから撮る!

 

1枚目の写真はヤフオクで商品を検索した時に表示される、いわば商品の顔です。

真正面でも良いんですが、若干斜めから撮影すると立体感が出てきますよ。

 

立体の商品だと正面、側面、上面が1枚の写真でわかるのがベストです。

 

2枚目の写真はくるっと回して裏側が見えるように撮影しましょう。

これで正面、上、右、左、後ろ、の5面は撮影できているハズです。

詳細は3枚目から撮っていきましょう。

 

商品写真の撮り方
前からと後ろから。2枚の写真で5面が撮れているので、詳細写真に枚数を使えます。

 

②付属品もしっかり撮る!

 

商品説明に書いていても入札するとき『写真にないけど本当に付いてるのかな…』と思った経験はみなさんあるはず。

本体しか撮影してない商品と付属品がしっかり撮影されている商品とでは安心感が違います。

商品に説明書や元箱、電源ケーブルなど付属品があればしっかり撮影しておきましょう。

 

また、キャプションに「欠品ありません。説明書もCDもあります。」といった説明も記載すると、より丁寧な印象を持たれます。

欠品がある場合は、後のトラブルを防ぐために、その旨を必ず記載しましょう。

 

付属品のある商品撮影の写真例

 

型番、商品、ブランドロゴは必ず撮る!

 

出品する側はタイトルや商品説明を記載しますが、自分が入札するときは写真だけ見て商品説明はあんまり読まない、なんてこと多くないですか?

写真だけ見て「この商品は○○ブランドの○○っていう商品で、型番は○○」とわかるようにしておきましょう。

ブランド品なんかはロゴや型番で真贋を確認する方も多いので必須です。

 

逆に、写真がない場合は、「偽物なんじゃないか」「都合が悪くて隠しているんじゃないか」というマイナスイメージを持たれてしまいます。

家電なんかも外観が一緒でも型番が微妙に違うものが結構多いので気をつけましょう。

 

商品写真 型番の写真例
GRです。GR-DでもGR-1でもなくGRです。

 

動かせるところは動かして、開けられるところは開けて撮る!

 

ふたが開くような物だったり、ジャケットの裏地とか、バッグの内側なんかもそうですが、

外観だけじゃなく中までしっかり確認できるように撮影しましょう。

 

あと、意外と忘れがちなんですが、電化製品、ゲーム機、タブレットなんかは電源を入れた状態での写真も撮りましょう!

動作品と書いてあっても、実際に動いてる写真がある方が安心して入札できます。

 

 

電源を入れた状態の液晶、ストロボの写真例

 

 

キズ、汚れは隠さずしっかり撮る!

 

上にも書きましたが、これが一番大事です。

 

商品説明にもしっかり記載した上、写真でも撮っておきましょう。

 

どの程度の汚れなのか文字だけで説明してもなかなか伝わらないものです。

「少し汚れています」

と記載しても、人によって「少し」の基準が違うので、届いた商品が思ったより汚れていたらトラブルの原因になってしまいます。

 

また、せっかく商品に興味を持ってもらっても、「質問して状態を確認する」人より「不安だから入札しない」人の方が多いと思うので、先回りして入札する人の不安をできる限り少なくしておくことが、落札率を上げるコツです。

 

きれいな写真を撮るために隠すよりも、正直に状態を見てもらった方がお互い安心して取引できますよね。

 

 

特に傷などがなければ、キズができやすい場所を撮影してきれいさをアピールします。

今回は特に気になるキズがないのでキズができやすいダイヤル、底面の角を撮影してみます。

 

傷がつきやすい部分の写真例

 

 

 

以上の写真を並べてみたのが下の写真です。

 

商品写真の撮り方 ポイントをおさえた写真例

 

 

もちろん、一眼レフできれいに撮るというのも良いですが、今やスマホのカメラでも十分にきれいな写真が撮れます。

ぜひ参考になさってください!

 

そして、

 

もし・・・

 

もしも・・・・・・

 

 

撮影の途中で

 

めんどくさくて投げ出してしまう場合は、

 

ぜひ当店をご利用くださいませ^^

 

みなさまのご利用を心よりお待ち申し上げます。