画像元:フォトAC
 
フリマアプリ「メルカリ」を利用したことはありますか?
メルカリで出品しても売れない経験をしたことは?
魅力のある商品だとしても売れないなら、それは撮影した写真に原因があるのかもしれません。
「写真のせいで売れない!」なんて、もったいないですよね。
今回は、メルカリで商品を売るための魅力的な写真の撮り方やコツについてお教えします!
 

1.掲載枚数は上限4枚。全て掲載する!

商品の掲載可能枚数は上限4枚です。
もちろん、4枚すべて掲載することがオススメです!
理由としては、

  • 安心感が得られる。
  • 商品イメージが伝わる。
  • ことが挙げられます。
     

    2.背景は白くする

    商品を撮影するときの背景は、基本「白無地」に限ります。
    第一に清潔感があります。白いシーツや厚紙など家にあるものですぐに実施できるかと思います。
    よく、商品を床に直置きしたまま撮影していたり、机の上に置いて撮影する人がいますが、これは買い取り手側としては気持ちの良いものではありません。
    また、カラフルなハンカチ等を背景に撮影している人がいますが、これだと商品が目立ちません。
    白背景だと、ラフ版と同じような役割をしますので、商品に光が当たり、見栄えがよくなる効果も期待できます。
    ただし、白い商品の場合は茶色などの暖かみのある濃い色の背景にしましょう。
     

    3.写真加工を利用してみる

    撮影した写真の明度・彩度はどうですか?
    スマホ本体には標準で加工アプリを使うことができます。ぜひ使ってみてください。
    少しだけ明るくしてみる、気持ち彩度を上げてみる、といった少しの手間を加えることで商品が魅力的に見えます。
    だからといって、やりすぎは禁物です。あくまでもほどほどに。商品到着後に写真と違いすぎるとのクレームが出る恐れがあります。
     

    まとめ


    画像元:フォトAC
     
    いかがでしたか?
    今回は撮影するうえで基本的なポイントをお伝えしました。
    出品する以上、できるだけ高く売りたいというのが本音ですよね。
    写真の撮り方1つでも、売れる売れないが決まってきます。メルカリでは、最初に画像が出るので、かなりの重要ポイントです。
    「どんな写真だったら買ってくれるのか?」を考えながらぜひ利用してみてくださいね。