画像元:神戸オークション

今回はルイヴィトンの製造番号【シリアルナンバー】についてご紹介します。

ヴィトンの製造番号はローマ字と数字の組み合わせで出来ています。
表にしましたので↓をご覧ください。

製造番号【シリアルナンバー・ローマ字部分】

フランス A0 A1 A2 AN AR AS BA BJ BU CT DU FL LW MB MI NO RA RI SL SN SP TH SR VI
アメリカ FH SD OS
スペイン CA LO LB LM
イタリア CE
スイス FA D1
ドイツ LP

アルファベットの部分はこのように、製造された国と製造工場を表しています。
続けて数字の部分の説明をします。

製造番号【シリアルナンバー・数字部分】

1990年頃以前

数字3ケタ 例:878の場合1987年 8月の製造となります。


画像元:作者による制作

A→8 B→7 C→8
AとBで年数、Cは月を表しています。

1990年頃~2006年

数字4ケタ 例:1025の場合2005年 12月の製造となります。

A→1 B→0 C→2 D→5
BとDで年数、AとCで月を表しています。


画像元:作者による制作

2007年~

数字4ケタ 例:4102の場合2012年 第40週の製造となります。

2006年までとは変わり月ではなく、第○週で表すようになっています。

A→4 B→1 C→0 D→2

BとDで年数、AとCで週を表しています。


画像元:作者による制作

実際のシリアルナンバー

画像元:神戸オークション

こちらは2012年 第40週の製造となります。
アルファベットがSNですのでフランスの工場ですね。

画像元:神戸オークション

こちらはフランスの工場で2001年 9月に製造されたものとなります。

古い物ですとこの表記がない場合もありますが、新しいバッグなどには必ずついていますので

ホンモノとニセモノを見分けるのにも役に立ちます。
ですが、この製造番号をつけたニセモノもありますのでご注意ください。