なんで?

同じ商品なのに他の人の商品ばっかり入札が入ってずるい!なんで?!

なんてことありませんか?

もちろん商品の状態や評価などの総合的な判断で入札されているとは思いますが、
ちょっと待ってください!そもそもアクセスされてないんじゃないですか!?

実はヤフオクで商品を検索するとき、入れたワードがタイトルに含まれないと引っかからないんです!
せっかく良いものを出品しても誰の目にも触れないようじゃ、落札されるハズないですよね。

今回は検索で引っかかりやすくするためのタイトル作りのコツをお教えしちゃいます!

では、前回のブログで撮影したリコーのGRを使ってタイトルを作ってみましょう。

GR枠付きものすごくシンプルに「リコー GR」のタイトルです。

このタイトルだと、ピンポイントで探してる方は見つけられますが、「コンパクト」な「デジカメ」や「単焦点」の「カメラ」で探している方にはヒットしません。

では、いくつかのポイントをご紹介します。
商品タイトルの構成

まず、タイトルの基本構成ですが、
1.検索にヒットするワード
「メーカー名」「商品名」「型番」「サイズ」「色」など

2.商品の魅力を伝えるワード
「激レア」「新品未開封」「美品」「当時物」「非売品」など

の2種類で構成していきます。

ただ、検索でヒットするワードはほぼ必須で入れておいたほうが良いので
魅力を伝えるワードはスペースが空いたときに使用しましょう。
ヤフオクタイトルは全角30文字

さて、これで上記のワードを全部入れればタイトルが出来上がるのですが、
残念ながらタイトルで使用できる文字数は全角30文字(半角60文字)までです。

はっきり言って少ないですよね。

なので、削れる部分は削りましょう。
例えば「Mサイズ」と入れずに「M」とだけ入れます。
これで3.5文字の節約です。
半角の場合60文字まで入りますから、アルファベットや数字は半角にしちゃいましょう。
ワードとワードの間も半角のスペースで区切ると検索の邪魔にもならずにスッキリと見えますよ。
区切りなく詰め込んじゃってるタイトルをたまに見かけますが、
文字の区切りを判別するのは機械なので、逆に検索にヒットしにくくなります。
やめておきましょう。

 

では先ほどのリコーGRのタイトルですが、ポイントを押さえると………。

GR完成枠付き

はい、どうでしょう。これで「デジタル」「カメラ」で検索する方も、「単焦点」「28mm」で検索する方もヒットするようになります。

ちなみにこれで29.5文字です。
タイトルは商品を検索した時に一番最初に目に入る情報なので、とても重要なポイントになっています。

せっかくですから良い名前を付けて送り出してあげましょう。